秋山VS三崎戦はノーコンテストに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

秋山VS三崎戦はノーコンテストに。

<記事抜粋>
 「このたびの秋山選手からの抗議文に対しての競技統括としての見解を述べさせて頂きます。三崎選手の蹴りに対しては反則とも反則でないとも取れます。一連の攻撃の流れで起きた行為ですので、非常に判断が難しいと言わざるえません。しかし、ルール会議において選手及びセコンドには「本イベントは、旧PRIDEルールとは全く違う禁止行為のあるルールですので必ず気を付けてください、そして疑わしきは罰します」と通達していました。そうした意味においては選手サイドのルールの把握の乏しさも認識されます。これにより、三崎選手の明らかに四点ポジションにいる選手を蹴りに行く行為自体は、ルールに抵触していると判断せざるえません。つまりその行為自体がフィニッシュにつながり、一方の選手が試合続行不可能になったというケースは、私の経験値で言えば、1999年9月に行われた『マーク・ケアー×イゴール・ボブチャンチン』戦に、非常に近いケースであると思われます。

 よって今回は、ノーコンテストが適切ではないか、といのが競技陣の判断です。
 今後はより一層、選手には疑わしい攻撃をしないという抑止力になればと思います。そして私も益々の精進をしてジャッジング向上をしていく所存です」

<引用:やれんのか公式HP

<コメント>
 まあ、4点ポジションからの蹴りはルール上は禁止となっていたんでしょうけど、流れの中でのことだから難しいですよね。でも秋山VS桜庭戦、以降ルールのことについては、より厳しい判断をしなくてはいけなくなったのかな。
 でもこの前の、UFC80を映像で見たんですが、UFCはすごいなと思いましたよ。肘もあるし、額からかなりの流血してても試合は続行だし。あれは日本だったらストップ入ってるなと思いました。UFC恐るべし。
 まあ、ルールあっての総合格闘技。公平なという意味では秋山VS三崎戦は、反則?反則じゃないと揉めるくらいならもう一回、やった方がいいのかも。
 でも選手としては、フックが入って相手が起き上がってきたら蹴りが出てしまうのは本能じゃないかなと思いますね。まあどちらかをかばうわけじゃないですけど。
 
☆道着屋.comホームページ☆
 http://dougiya.com
スポンサーサイト
08 : 01 : 20 | 国内の総合格闘技情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<< 今週の土曜日に新たに岐阜県(北方町)にできたヘルソン・グレイシー柔術アカデミー・ギフ・ジャパン道場を訪問 | ホーム | 2月~3月初旬までに新しいメーカーを入荷させようと思ってます>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dougiya.blog10.fc2.com/tb.php/333-c158ef04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

道着屋.com

Author:道着屋.com
道着屋.comの店長です。

柔術衣・柔術着のことなど柔術用品のことなら何でも相談ください!

最新記事

柔術の本とDVD

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (85)
(12)
その他 (14)
サイト構築関連 (10)
プライベート (9)
海外の総合格闘技情報 (28)
国内の総合格闘技情報 (66)
柔術・格闘技の書籍 (21)
柔術の試合情報 (34)
柔術の情報集 (43)
道着屋情報 (119)
HERO'S (26)
K-1 (25)

FC2カウンター

おすすめサイト!

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。